男性器の代表的な悩みといえば包茎です。 多くの方が抱える悩みでデリケートな問題です。
ABCクリニックなんば院では、経験豊富な医師が、患者様それぞれに合った施術プランをご提案し、患者様にご満足いただけるようにしっかり取り組んでまいります。

ホーム > 包茎治療

包茎治療

包茎というのは、陰茎の先端部(亀頭部)が皮に覆われた状態のことを言います。
ペニスは非常に大切な部分ですので、子どもの頃は誰しも包皮で覆われて、保護されています。
大人になるにつれ、包皮に包まれた亀頭が露出してくるのですが、それが以前として皮に包まれた状態が包茎なのです。
日本人男性の約7割が包茎に悩んでいると言われており、男性だけの問題と思われがちですが、実はパートナーとなる女性にとっても非常に身近な問題です。包茎の種類は、真性包茎、仮性包茎、カントン包茎といわれる3種類に大きく分けられます。
患者様がどの状態であるかによって、施術の内容が変わってきます。
それぞれ、下記に説明してありますので、まずは、ご自分の状態をご確認ください。
※包茎の詳しい状態については、自分で判断をするのではなく、クリニックでの診察をお勧め致します。


包茎の種類

包茎の種類は、以下の「真性包茎」「仮性包茎」「カントン包茎」3種類に分けられます。


真性包茎

真性包茎

真性包茎とは、ペニスが勃起した状態においても、亀頭部が包皮に覆われたまま先端部が露出しないという状態です。
仮性であれば手を使うことで容易に露出することができますが、真性の場合は難しいです。
この原因としては、包皮口が狭いか、または亀頭部と皮が癒着していることが考えられます。

常に陰茎の先端部が覆われた状態であるため、恥垢がたまりやすくなり、衛生面での心配があります。
また、不快な臭いを発するようになったり、皮で覆われることで亀頭の成長が妨げられ、充分に発達しないといった可能性が考えられます。 真性包茎である場合は、できるだけ早いうちに手術で治療しましょう。



仮性包茎

仮性包茎

仮性包茎と真性包茎は、一見似たような状態ですが、仮性包茎の場合は手を使って亀頭部を覆っている皮をむくことで、比較的容易に亀頭部を露出させることができます。
日本人男性の包茎に一番多いのが仮性包茎です。 個人差もあり、ペニスが勃起した状態で自然に皮がむけるものから、そのまま亀頭が皮に覆われたままという状態のものもあります。

不潔になりやすく雑菌の温床になる可能性もございますので皮膚の衛生上の心配や、陰毛が絡まりやすいためにデリケートな部分が傷つく可能性がある、などが挙げられます。



カントン包茎

カントン包茎

カントン包茎は、亀頭が覆われている場合は、包皮を手でむくことで亀頭を露出することはできますが、包皮口が狭いために、亀頭を締め付けてしまい、激しい痛みを伴います。
重度のカントン包茎の場合は、早めの治療が望ましいと言えるでしょう。

包皮口が狭いため、勃起時や亀頭の露出の際に痛みを感じたり、締め付けのために血行が悪くなったりします。
放置してしまうと、ひどい場合には細胞が壊死することもありますので、手術などで早い段階の対応を考えましょう。



ABCクリニックの包茎治療とは?

1つのクリニックだけで決めない!

包茎と一言に言っても、状態や症状は人それぞれです。
もし他のクリニックで治療を受けて合わなかったり疑問に思ったことがあれば、是非、ABCクリニックまで御相談ください。
ABCクリニックでは、患者様それぞれに向き合い、しっかりとしたカウンセリングを行うことを重視しております。
男性器の問題は、非常にデリケートで大切なものです。
患者様の気持ちに寄り添い、安心して治療を受けていただけるよう、取り組んでまいります。
料金や、術前、術後の様子など、わからないことや心配なことがあれば、何でも気軽にご相談ください。

男性専門治療と聞くと料金が高いというイメージがあるかと思いますが、ABCクリニックは料金が安いというだけではなく、施術内容にも絶対の自信を持っております。

ABCクリニックでは、専門のカウンセラーが、親身になって患者様のお話をお聞きします。 どんなことでも、お話しください。 その内容が外部に漏れるようなことは決してありません。 安心してABCクリニックにお任せください。

ABCクリニックでは、施術してそれで終わり、ということはありません。 術後の経過を見せていただき、しっかりケアをさせていただきます。
施術前とは違う状態にもなりますので、心配なこともあるかと思います。 心身ともに以前より明るく、楽しい生活を送れますよう、お手伝いいたします。



フリーダイアル 0120-958-475 お問い合わせはお気軽にどうぞ 無料メール相談 オンライン予約