一般的にワキガと呼ばれる症状は、腋臭症(えきしゅうしょう)とも呼ばれ、特にワキにある汗腺から出る汗などによって、独特な体臭を放つ症状を言います。
ワキガに悩んでいる人の半数以上が多汗症でも悩んでいると言われています。

ホーム > ワキガ・多汗症

ワキガ・多汗症

神経質になりすぎずに、まずはご相談を

どうしてワキが臭う人と臭わない人がいるのでしょうか。
ワキガに大きく関係しているのは「エクリン腺」「アポクリン腺」という汗腺です。 この汗腺から分泌される汗や物質が、皮膚の常在菌によって分解される際に発する独特の臭いを「ワキガ」と言います。 アポクリン線というのはワキの下や陰部などの特定の場所にしかないもので、このアポクリン線からの汗が、ただの「汗臭さ」と「ワキガ」の臭いを区別するのです。
通常、汗というのは体温の調節のために分泌されますが、精神的な緊張やその他の原因により発汗がコントロールできない症状を「多汗症」と言います。 ワキガと多汗症の両方で悩んでいる方は多く、男女に関係なく発症します。
しかし、自分が気にするより症状は軽度であることも多く、治療も可能です。 汗ジミ、ニオイが気になる方は一度ご相談にいらっしゃってください。


お一人お一人にあった治療法をご提案します

ワキガや多汗症の治療には、いくつか方法があります。 ABCクリニックでは主に、組織削除法とボトックス注入法で治療を行っていますが、短いものでは20分程度で、傷跡も残らず患者様の症状やお悩みを軽減することができます。 また、本格的な手術で根本的に解決する方法もあります。
経験豊富な医師が対応し、患者様お一人お一人の症状、お悩みの程度に合わせた治療法をご提案しますので、まずは今の状況、お悩みをご相談ください。


組織削除法・・・施術時間約50分

ワキガ・多汗症の主な原因はエクリン汗腺、アポクリン汗腺という汗腺や皮脂腺です。
この組織削除法では、わきの下の皮下にあるこれらの汗腺、皮脂腺を、手術によってすべて取り除いてしまいます。
一度の手術で、その部位にはワキガや多汗症の原因となる組織は存在しなくなりますので、根本的にワキガや汗で悩まされることがなくなります。
施術時間は50分程度で、手術後には一週間程度ワキを固定しなければなりません。
手術や回復に多少時間がかかりますが、ワキのシワに合わせて切開することで、傷跡はできる限り目立たないようにいたします。 ワキガや多汗症のお悩みが深刻で、もう再発させたくないという方にはこちらをお勧めします。


ボトックス注入法(Botox注射)・・・施術時間約20分

ボトックス注入法は、ワキや汗の気になる部分に、美容整形でもよく使われるボトックスを注入することによりワキガの主な原因となるエクリン汗腺、アポクリン汗腺からの発汗を抑制し、ニオイを軽減させる治療法です。
注入は手術ではなく注射器を使いますので、身体に傷跡が残ることもありません。
また施術時間は20分程度と短く、術後もすぐ日常生活を送っていただけます。
ただ、ボトックスには効果の持続期間に限界があり、約半年ほど経つとだんだん効果が失われてきます。 そのため、春から夏にかけての汗をよくかく時期だけ症状を抑えたいという方や、治療はしたいけれど手術をするのに抵抗があるという、比較的症状の軽度な方に適した治療法です。


こんな方におすすめです!

  • 家族や親戚にワキガの人がいて、ワキガを指摘されたことがある
  • ワキガを指摘はされたことはないが、自分でも臭う気がする
  • 洋服のワキの下の部分に黄色い汗ジミができる

こんな効果があります!

  • 一度手術して頂くと、ワキガのお悩みが軽減します(組織削除法)
  • 施術はワキの下のシワと重なる部分から行うため、キズ跡はほとんど目立ちません(組織削除法)
  • 大事なお洋服に染みをつきにくくします(ボトックス注入法)

注意事項・アフターケア